費用の安い老人ホーム

費用の安い老人ホーム

費用の安い老人ホーム

全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

費用の安い老人ホームに関する質問一覧

 

Q:父親が認知症ですが、私自身、生活がいっぱいいっぱいで父の介護を行うことが難しい状況です。

 

老人ホームは種類がたくさんありますが、この場合介護施設はどのような場所を選べば良いでしょうか?
父は生活保護を現在受けており、市側に相談したところ受給額の範囲内であれば入所可能とのことでした。
私自身生活が厳しく、費用的にはあまりかからない場所がいいと思っていますが費用の安い介護施設はあるのでしょうか?

A:老人ホームの中でも比較的費用が安い施設を選ぶと良いでしょう。

 

特別養護老人ホームに入所することができれば、費用を抑えることができますが、地域によっては順番待ちをしなければなりません。

 

いくつかの選択肢を持っておくことで、落ち着いて対処することができます。

 

・最善の方法は特別養護老人ホームに入れること

 

特別養護老人ホームは、とにかく費用が安く、介護も手厚いので安心してお父様を預けることができます。

 

しかし、前述したようになかなか入るのが難しい状態になっています。

 

介護度によっては優先的に入所できる場合もありますので、とりあえずは第一希望として計画を進めていくことができます。

 

・グループホームへの入所

 

グループホームは認知症の人たちが共同生活を行う施設ですが、費用が安いグループホームもありますので、情報を集めてみると良いでしょう。

 

グループホームへ入所したなら、生活保護を申請して、お父様が生活保護を受けられるように手続きも可能です。

 

いろいろなケースを想定して最善の策を考えることができます。

 

・有料老人ホームでも安いところは存在する

 

費用がいくらまで支払えるのかということも関係していますが、比較的安い有料老人ホームにお願いすることで、負担を軽くすることも可能です。

 

その老人ホームが認知症に対応しているかどうかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

 

いずれにしても、費用が安くて質の良い老人ホームは、すぐに埋まってしまう傾向がありますので早めに行動に移した方が良いでしょう。

 

このように経済状況によっていろいろな方法を考えることができますが、生活保護を申請して受給できるようになればそれがベストです。

 

同居している家族に収入があれば生活保護の申請は通りませんので、同居しているか別居しているかでも異なってきます。

 

別居しているのであれば早めに生活保護を申請することで、いろいろな選択肢が広がってきます。

 

いきなり別居するのが難しいのであれば、グループホーム等に入所してから生活保護を申請することができます。

 

 

全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

ホーム RSS購読 サイトマップ