有料老人ホームの入居、退去費用などについて

有料老人ホームの入居、退去費用などについて

有料老人ホームの入居、退去費用などについて

有料老人ホームの費用に関する質問一覧

 

 

生活保護を受給してる認知症の方の老人ホームの入居について

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

Q:現在生活保護を受給していますが、この間有料老人ホームに生活保護を受けていても入居できると聞きました。
老人ホームについてお伺いしたいのですが、途中で入院した場合などは退去などの扱いになるのでしょうか?またその際の費用など(入居一時金)などはどうなるんでしょうか?

 

 

A:長期間に渡って入院をすることになった場合、老人ホームによって退去を求められるところと、家賃にあたる費用などを支払っていれば住み続けられるところとがあります。

 

老人ホームでは毎月支払う費用がありますが、入院中は光熱費や食費などを施設内で消費していません。

 

長期入院中も入居したままでいられる老人ホームでは、家賃に相当する料金と管理費を請求されるのみ請求されるところが一般的です。

 

決まりごとは、施設によってさまざまです。

 

老人ホームだから入院してしまったら退去を余儀なくされるなど、ひとくくりに言うことはできませんから、施設ごとに確認する必要があります。

 

 

入院した場合に限らず、入居してからどんな場合に老人ホーム側から退去を要求されることがあるか、確かめておくといいですよ。

 

例えば、入院の必要はなくても介護度が住み始めた当初より増して、入居条件を満たさなくなった場合は退去を求められるなどということがあるかもしれません。

 

認知症だと診断された場合や、認知症でも初期ならいいが、夜間徘徊をするようになったら住み続けられないなどいろいろ考えられます。

 

 

 

・退去をすることになった場合の入居一時金

 

退去をすることになった場合、費用はどうなるのでしょう。

 

入居一時金とは入居してから一定期間で償却される費用なのですが、もしかしたらまだ償却されない早い段階で退去することがあるかもしれません。

 

一般的には一定額が返還されることになっていますが、具体的なことは各老人ホームに直接確認をされた方が確実です。

 

 

こうした費用のことはトラブルになりやすいのであらかじめ確認し、納得できた老人ホームに入居をするようにしてください。

 

あらかじめ注意はしていても、トラブルになってしまうということもあります。

 

そんなときは、最寄りの消費生活センターなどに相談してみるのも一つの方法です。

 

 

 

・サービス付き高齢者向け住宅

 

高齢者が入居できる住まいは、老人ホーム以外にサービス付き高齢者向け住宅などもあります。

 

有料老人ホームの入居契約は「利用権方式」というものですが、サービス付き高齢者向け住宅は住宅なので、マンションやアパートなどのように賃貸借契約になります。

 

賃貸借契約なので、家賃や生活支援サービス費、共益費といった月々支払う費用さえ支払っていれば、どんなに長く入院をしたとしても退去をせまられることはありません。

 

 

高齢者の住まいといっても、サービス付き高齢者向け住宅などという選択肢もありますから、老人ホームに限定する必要はありません。

 

サービス付き高齢者向け住宅は、介護サービスが提供される住まいです。

 

いろいろな選択肢を吟味した上で、ベストなところに決めたいものですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ