サービス付き高齢者向け住宅、高齢者専用住宅は生活保護OK?

サービス付き高齢者向け住宅、高齢者専用住宅は生活保護OK?

高齢者専用住宅は現在制度が変わり、サービス付き高齢者向け住宅となっています、一部まだ残っていますがどんどん数が少なくなっています。

 

このサービス付き高齢者向け住宅、高齢者専用住宅は生活保護を受給中でも施設側が受け入れを可能としている場合は入居は可能です。
ただ必ず生活保護を支給する市側の了承が必要となりますので最初に市側に相談する必要があります。

 

 

【全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから】

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

サービス付き高齢者向け住宅に関する質問

Q:父親を入れたいと検討しています。
お伺いしたいのですが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームの違いってどう違うのでしょうか?
また父は生活保護受給中ですが老人ホームは入れるのでしょうか?

 

A:要介護度が軽い方もしくは自立ができる高齢者の方に向いているのが、サービス付き高齢者向け住宅。

 

次に症状が軽い方は、有料老人ホーム。

 

緊急性を要する重度の要介護者の方は、特別養護老人ホーム。

 

おおまかには、このような順番になると思います。

 

 

有料老人ホームは主に3種類あり、最も症状が軽い方から健康型有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、介護付有料老人ホームとなります。

 

これらの全5種類の中で、一般的に終の棲家となるのは、介護付有料老人ホームと特別養護老人ホームです。

 

生活保護受給者の受け入れ可であれば入れます

生活保護受給中とのことですが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームといずれも施設側が生活保護受給者を受け入れ可能としていれば入れます。
実際に探してみると比較的生活保護受給者でも入れる施設はあります。

 

ただ、市側やケースワーカーが介護施設に生活保護費で入ることを許可しなければいけないので、市側との話し合いが必要です。

 

 

・少ない資金で長く入れるのは特別養護老人ホーム

 

特別養護老人ホームのメリットは、地方自治体や社会福祉法人などが運営している施設なので、これらの中では最も安く入居することができます。

 

入居希望者がとても多く、100人や200人待ちという特別養護老人ホームばかりです。

 

介護が必要で状態が深刻な方から優先的に入居できるので、何年も待っていてもなかなか入れないところがデメリットです。

 

 

 

深刻ではないものの介護は必要だという方は多いので、特別養護老人ホームに入れるまでは有料老人ホームに入居して待機しているという方も少なくありません。

 

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、その施設によって内容がさまざまなのですが、介護度が増すと退去しなければいけないというところもあります。

 

特別養護老人ホームはいつまでも暮らせるという安心感がありますので、その点が大きなメリットといえるでしょう。

 

 

 

・自由度が高い施設

 

入居者が好きなときに外出できるなど自由度が高いのは、健康型や住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅です。

 

すでに介護度が高い場合には、有料老人ホームの中でも介護付が適しています。

 

24時間いつでも介護や看護スタッフが対応してくれますし、要介護度が重度でも、退去せずに住み続けることができるところがメリットです。

 

その分、外出をいつでも自由にすることは難しいのがデメリットなので、ご自身の健康状態などに応じて選ぶことが大切です。

 

 

近年では、住宅型有料老人ホームでも24時間介護スタッフが在駐しているところや、要介護度が重度でも退去の必要がないところなど、介護付に近い環境を整えているところが増えています。

 

介護環境がしっかりしているのに、自由に外出しやすいところは、とても大きなメリットです。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅も自由度が高く、介護サービスが整っている施設もあったり、建物の設計がバリアフリーでつまづきにくいなどのメリットがあります。

 

ただ、一般的には要介護状態が軽い方や自立できる方を対象にしているところが多いのがデメリットです。

 

提供される介護サービスはどこまでか、どのような状態になったら退去を求められるかなどは、施設ごとに確認してみてくださいね。

 

 

全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

ホーム RSS購読 サイトマップ