兵庫県の生活保護受給者受け入れ可能な有料老人ホーム

兵庫県の生活保護受給者受け入れ可能な有料老人ホーム

兵庫県の生活保護受給者受け入れ可能な有料老人ホーム

兵庫県の生活保護受給者受け入れ可能な有料老人ホーム一覧について
兵庫県には現在50件の生活保護受給者でも入れる有料老人ホーム、介護施設があります。

 

生活受給額の範囲内であれば有料老人ホームなどの高級老人ホームも入居可能となっているので、
自分にあった介護施設を探してみましょう。

 

★★兵庫県、全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちら

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

 

Q:兵庫県で生活保護を受けているものですが、有料老人ホームに入る予定です。

 

老人ホームについて質問です。
・有料老人ホームは生活保護受給者でも入れるか?
・入居金の高いところと安いところの違い
・入居金と月額費用以外にかかるその他の費用
・老人ホームに入る流れ
について教えてほしいです。

 

A:いろいろな老人ホームがありますから、よく調べてから選ぶ必要があります。

 

・有料老人ホームは生活保護受給者でも入れるか?

生活保護受給者でもケースワーカーに相談しながら進めることで有料老人ホームに入ることができます。

 

この辺は地方自治体の判断によることが多いので市側やケースワーカーにしっかり相談しましょう。

 

 

・入居金の高いところと安いところの違い

 

入居金の高いところと安いところの違いは、サービスの内容によって異なる場合もあります。

 

豪華な施設であれば当然のことながら入居金が高く設定されている場合があります。

 

しかし、同じようなレベルの施設で入居金の差があるのであれば、それは施設の経営の仕方の違いです。

 

最初に多くの入居金を償却してしまって、早く退所や入院してしまっても儲けをだそうと考えている施設もあります。

 

もちろん、基本的には良心的に経営されている施設が多いですから、入居金を高くすることによって、毎月の費用を抑えているところもあります。

 

どのように入居金が償却されていくのかということは、重要事項説明書に含まれていますので、しっかりと確認して健全な施設かを確かめられます。

 

入居金ゼロ円だったとしてもしっかりとした施設はたくさんあります。

 

・入居金と月額費用以外にかかるその他の費用

 

代表的なものですと、おむつ代や医療費などが挙げられます。

 

その他にもホームによって特別に費用がかかるという場合もありますから、そのような費用に関しては負担しなければなりません。

 

ですから、ある程度具体的な金額を入所する前にホームに確認する必要があります。

 

有料老人ホームの場合は民間施設ですから、ホームによってそれぞれ異なります。

 

入居金と月額費用だけで収まると考えてはなりません。

 

・老人ホームに入る流れ

 

老人ホームが決まった後は、契約までに身元保証人や引受人を決めておかなければなりません。

 

そして、どのように費用を支払うかなどの最終確認も必要です。

 

年金だけでは足りなくなった際に、家族の誰が経済的に面倒を見るかということが大切です。

 

さらに、契約の際に必要な書類を予め揃えておく必要があります。

 

健康診断の記録など病院にお願いしなければいけない書類などは早めに準備しておくことが大切ですので、契約日に間に合うように十分の時間を用意しましょう。

 

そして、老人ホームの契約日には重要事項を再確認しながら契約を行います。

 

非常に重要な契約となりますから、キーパーソンとなる人が同行しなければならないでしょう。

 

その後ホームの指示に従いながら引越しをすることになります。

 

引越し後も慣れるまではなるべく頻繁に会いに行ってあげると本人も安心して新生活を送れます。

 

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ