千葉県の生活保護受け入れ可能な老人ホーム、介護施設一覧

千葉県の生活保護受け入れ可能な老人ホーム、介護施設一覧

千葉県の生活保護受け入れ可能な老人ホーム、介護施設一覧

千葉県には現在30件ほどの生活保護受給者の受け入れを可能としてる有料老人ホームがあります。

 

★★千葉県の生活保護受け入れ可能な老人ホーム、介護施設一覧はこちらから

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

千葉県の生活保護受け入れ可能施設についてのQ&A

Q:千葉県在住の生活保護を受けてる父が入院しまして、おそらく退院後は介護が必要になりそうです。
経済的に余裕がないため在宅介護と老人介護施設どちらがいいか悩んでいます。
介護や介護制度については全く初心者なのでそれぞれのメリットデメリットなど教えていただきたいと思います。
(千葉県 千葉市 男性)

 

A:病院に設置されている医療介護連携室には医療ソーシャルワーカーと呼ばれる人たちがいて、退院後の介護保険システムについてしっかりと教えてくれます。

 

もしも、連携室が用意されていないような病院であれば、ご家族が早めにケアマネージャーのところに行って相談してみるのが良いでしょう。

 

在宅介護と介護施設の違いについて説明します。

 

・介護度が低いのであれば在宅介護が安い

 

まずは、介護保険の使用をするための認定調査を受けなければいけません。

 

役所や包括支援センター、居宅介護支援事業所と呼ばれるところに相談に行くと、どのように申し込みをすればよいのか教えてくれます。

 

調査員が来て、介護度を判定するための調査を行いますが、結果が出る前にあらかじめ介護保険を利用し始めることもできます。

 

万が一、要介護度が出なかった場合は使ってしまったサービスは全額自分で負担しなければいけないので注意が必要です。

 

経済的に余裕がないということですので、あまりにもサービスを詰め込みすぎてしまうと1割の自己負担分でも負担が大きくなりますので、自分ができないところだけカバーしてもらうというスタンスが良いでしょう。

 

電動ベッドをレンタルすることもできますし、介護保険を使って家の中に手すりをつけたり、段差を解消することも可能です。

 

介護が大変だと思う時には、デイサービスなどを利用して、日中だけでも預かってもらう所を探すことができます。

 

うまくサービスを組み合わせることで安く在宅介護をすることは可能です。

 

メリットとしては、必要な部分だけを補ってもらうことができ、安いという点です。

 

デメリットは、完全に介護を他人に任せきりにできるわけではないという点です。

 

・全てを任せられる介護施設

 

介護施設にも色々な種類がありますので、要介護度や経済状態に合わせて選択していく必要があります。

 

介護度が重い場合は、特別養護老人ホームに入所することができれば手厚い介護を受けることができますし、費用も安いのですが、デメリットとしては入所待ちの人がものすごく多いということが挙げられます。

 

比較的簡単に入りやすい介護付有料老人ホームは、毎月10万円以上の出費を払える人であれば全てを任せられるのでメリットが大きいです。

 

ある程度経済的に余裕があるということが条件になりますが、色々な老人ホームの特色を見ながら選択することが可能です。

 

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ