北海道で生活保護でも入れる老人ホーム、介護施設一覧

北海道で生活保護でも入れる老人ホーム、介護施設一覧

北海道で生活保護でも入れる老人ホーム、介護施設一覧

★★北海道、全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

北海道の生活保護と老人ホームに関する質問


Q:現在北海道で生活保護を受けながら暮らしています。
ただ、妻も介護が必要となり、高齢になった私だけでは妻の介護全般は難しいと考えています。
そこで北海道内で生活保護でも入れる老人ホーム、介護施設を探しています。

 

そこで確認したいことが一つあります。
介護保険の特定施設についてです
介護保険の「特定施設」とは何を指すのでしょうか?

 

 

 

A:まず特定施設とは、特定施設入居者生活介護を略した言葉です。

 

特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設に入居した場合、入居者はその施設の職員などから、介護保険が利用可能な介護サービスを受けることができます。

 

 

主に特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設は、介護付有料老人ホームやケアハウス、養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などです。

 

同じ有料老人ホームであっても、介護付有料老人ホームは指定を受けており、住宅型有料老人ホームは受けていません。

 

住宅型有料老人ホームに住んでいてもし介護が必要になったときは、外部の訪問介護サービスに依頼をして来てもらうことになります。

 

外部の訪問介護サービスは、自宅で在宅療養をしている方が頼むのと同じ形となります。

 

 

 

・2つのタイプ

 

特定施設入居者生活介護は、2つのタイプがあります。

 

「一般型」と「外部サービス利用型」の2つです。

 

 

介護サービスを提供してもらうことは、ケアプランの作成と、実際に介護サービスを行うことの2つに分類されます。

 

一般型は、この両方を入居している施設のスタッフが行ってくれるタイプ。

 

外部サービス利用型は、ケアプランは施設内のスタッフが作成し、介護サービスの提供は外部事業者が行うという、2つに分かれています。

 

 

 

有料老人ホームに入居される場合、介護付でしたら24時間いつでも介護サービスを提供してもらうことができ、住宅型は好きなときに必要な介護サービスのみ依頼できます。

 

ただ、どちらにもデメリットはあります。

 

介護付は一人一人の要望に応えてもらうことが困難ですし、住宅型はあまり長期化すると介護付に入居するより高くつくことがあります。

 

それぞれの特徴をよく理解した上で、じっくり検討してみてください。

 

 

 

・介護3施設の場合は?

 

特養ホーム、老健、療養型病院の3施設は費用を抑えられるイメージがありますが、どうなっているのでしょう。

 

これらの3施設の場合、1日にかかる費用負担がその入居者の要介護度に従って決定されていて、1割を負担すればいいことになっています。

 

 

訪問介護などにかかる費用は、時間単位のものの積算額になりますから、上限が決まっているというのはコストの計画を立てやすいのでいいですね。

 

 

入居する施設の決定は、費用面と医療面での受け入れ体制があっていること、その他にもいろいろな要素から選ぶことが重要です。

 

介護保険や費用のことなどでわからないことがあればわかるまで確認し、納得できる施設に決めるようにしてください。

 

 

★★北海道、全国の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧はこちらから

 

 

生活保護受給者受け入れ可能な老人介護施設一覧へ

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ